スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年08月25日

アホカリプス2010 不参加のお知らせ

9月4~5日に開催されるアホカリプス2010ですが、当方は仕事の都合で参加できなくなりました。申し訳ないです。

10月のベトベトしま戦か?11には参加できるよう鋭意調整中です。よろしくお願いします。
  


Posted by トヨ  at 12:56Comments(5)アホカリプス

2010年08月22日

横田基地 友好祭2010

いやー、暑かった。腕が真っ赤になりました。





今回は恒例の31RQSがいませんでしたが、代わりに(?)1SOSが来ていました。けっこう秘匿性の高い部隊なのに飛行機の中まで公開していたのはちょっと驚き。













サイドドアについていたリガーベルトとバンジースリング。有名どころですね。反対側のドアにはまた別メーカーのものが付いていました。





そうそう、恒例のグリーンベレーによる空挺降下があったんですが、2時半に飛行機が飛び立って降下を始めたのが3時半・・・・(その間ナニをしていたんだろう?)。しかも今回はHALO?をやったので会場の人たちは飛行機の爆音が確認できず、「気がついたら落下傘が3つ頭上にあった」という状態でとにかく盛り上がりに欠けましたwww

今日も暑いと思いますので行かれる方は対策をしっかりとお願いします。

  


Posted by トヨ  at 09:26Comments(2)タクチコー

2010年08月18日

カー・ロック(雷魚)





当方は北国出身でして、ライギョという魚の存在を知ったのは「釣りキチ三平」でした。湖沼中心に生息する魚なので関東以南の方でも見たことのある方は少ないかもしれませんね。ライギョと一口に言っても三種類くらいいるそうです。ガキの頃、「ロン先生の虫眼鏡」というマンガでライギョにはカムルチーとタイワンドジョウの2種類がある、と書いてあったのは憶えていましたがもう1種類あるとは・・。このマンガの中で「福建省のあたりではライギョのことを「ライヒー」と呼ぶのでここからライギョという名前になった」という説を披露していますが、現在では少々怪しいそうです。

ライギョはベトナムでは「カー・ロック」と呼ばれていて、食用として多用されています。画像のようにかなり大型になるので材料としてかなり使いでがありますww

日本でのベトナム料理レシピ本にはこのライギョ料理はめったに紹介されていません。理由は簡単で入手が難しいからなんですね。生だとサナダムシより怖い顎口虫という寄生虫に感染する怖れがあるのも原因の一つかな?「サイゴンから来た妻と娘」にも日本でライギョを入手する困難さが描写されております。





さて、じゃライギョ料理って美味しいの?と聞かれると結構微妙なんですね。かなり身のしまった魚ですし、それほど脂が乗っていません。海魚の感覚で食べると失望します(コイで代用するとかなり美味しいのですが・・・)。

それでも話作りのためにベトベトで作ろうと思ったんですが・・・マトモに買うと高い!
アメ横センタービル地下の店で大型のを買おうとしたら8000円余裕でした(泣

釣ってやろうと周辺の釣り場を調べましたが生憎生息域ではありませんでした。千葉・茨城ならいっぱい生息しているというのに・・・・。

もし「俺が釣ってキサマに呉れてやる」という好漢がいらっしゃいましたら事前に連絡を下さい。蒸し器をサ・ワラに持参いたします。

  


Posted by トヨ  at 11:12Comments(3)ベトナム料理

2010年08月11日

ベトナム料理店「ホイアン」(新宿)

新宿の「ホイアン」に行ってきました。歌舞伎町のバーガーキングの入っているビルにあります。





お目当てのランチビュッフェです。休日なので1200円。平日は980円で更にオトクだったのですが、8月より平日ランチは休止となりました・・・・ぐるなびとかはまだ情報が古いのでご注意を。





陳列しているところの画像が無いのですが、おかず系が5種類くらい、ご飯、生春巻と自分で作るフォー、デザートがあります。おかず類は日によって変わり、ご飯のほかにチャーハンが付くこともあります。カレーの色から判るとおり、料理は100%ベトナム料理ではなくアジア料理が混在しています。





ベトナムコーヒーも飲み放題。下北沢あたりのカフェでは平気で500円とかしますから、これ2杯に料理で充分モトが取れます。土日にでも是非どうぞ。

  


Posted by トヨ  at 13:27Comments(0)ベトナム料理

2010年08月04日

1982年(フジテレビ「19XX」より)




よくタクチコー系の人が貴重なミリフォトを貼るのをマネして↑を貼っちゃいますww

むかしフジテレビでやっていた「19XX」という番組です。DVD化して欲しいけど権利関係で絶対ムリでしょう。

この1982年はサザンの神曲「YaYa (あの時代を忘れない)」、ヘンリー・フォンダにグレース・ケリーと入って最後はフォークランド紛争!英軍空挺と海兵隊が出てきますね。最後にアルゼンチン軍を武装解除しますが、英軍とアルゼンチン軍は同じFALを使っていた筈なので全部頂いちゃったんでしょうか??

この紛争の時、イギリスのサッカーリーグでプレーしていたアルゼンチン選手、オジー・アルディレスは解雇を覚悟したそうですが、チームのファンから「残ってくれるならフォークランドはアルゼンチンにくれてやる」という横断幕を出されて感涙したそうです。

ついでに言うと、ドイツ軍兵士と連合軍の囚人がサッカーで対決する映画「勝利への脱出」にも出演しています(当時イングランドで撮影したので、当地でプレーする選手中心でチームを組んだのです)。

  


Posted by トヨ  at 20:37Comments(2)その他

2010年08月02日

行ってきました開高健展

場内撮影禁止だったので画像はこれだけであります・・。





ナム戦関連ですと水筒にヘルメット、ピストルベルトにベトナムジッポーが展示されていました。ITHACAさんがこれらの物品を国内ではなく現地のマーケットで入手したのではないか、と疑問を投げかけられていましたが、水筒はなんとなく民生品(登山洋品店で売っている米軍のコピー)に見えるんだよな・・・。

肝心のベトナムジッポーは1973年以降に彫ったものらしく、氏の著作での記述とは若干異なります。ひょっとしたら開高健が所持するベトナムジッポーは複数個あるんじゃないでしょうか?

また展示されていたジッポーは所謂メジャーな#200モデルではないことが判りました。ここからも通常のベトナムジッポーとは違うし・・謎は深まるばかりであります。

帰りは氏の大好きだった中華を食べるために中華街へ。





老舗「同發」さんで肉をテキトーに切って貰いビールで。ベトナムの軽いビールと違い、重いサッポロで流し込むモツは喉をゆっくりと流れ落ちました。  


Posted by トヨ  at 18:30Comments(3)